home
close

退職金コンサルティング退職金コンサルティング

退職金コンサルティング

サービスの特長

 雇用形態の多様化、流動する労働環境の中で、お客様の経営理念や組織が目指すビジョンにマッチした退職金制度の構築をご提案いたします。
 退職金制度は人事的観点のみではなく、税務的観点も踏まえて検討する必要があるため、ただ、退職金制度を設計するのみではなく、弊社の税務スタッフとも連携をしながら、一括してサポートいたします。


将来の退職金総額を抑えることができる

 基本給連動型(退職時基本給×勤続年数係数)の退職金制度を導入している企業様においては、基本給の上昇及び勤続年数の増加等で、将来の退職金総額が確実に上昇する可能性があります。確実に資金の準備ができていれば問題ないのですが、厳しい経済環境の中では、困難が予想されます。
 つきましては、早い段階にて退職金総額を抑えることを検討することが重要と考えます。ただ、簡単に退職金制度を廃止したり、引き下げを行うことはできませんので、慎重な対応が必要なことは言うまでもありません。
 そこで、必要に応じて、弊社が現行の退職金制度を分析の上、モデル退職金額の水準確定から退職金規程の改訂及び社員への説明まで、一連の流れの中でサポートすることによって、安定的に退職金制度を運用することが期待できます。

社員のモチベーションが高まる

 社員のやる気及び成長なくして、会社が持続して成長することは困難な環境になっています。今までは、退職金制度は勤続功労の報償として捉えていた企業様も多いため、退職金額に関しては、勤続年数に比例して、多く配分すれば、あまり問題にはならなったのですが、今後、会社の成長を持続的に実現させるためには、給与及び賞与と同様に社員の貢献度に応じた【配分方法】のあり方を検討しなければならない時期にきていると考えます。
 そこで、必要に応じて、弊社が現行の退職金制度を分析の上、ポイント制導入を前提として、シミュレーションの結果に基づいた退職金制度の設計から退職金規程の改訂及び従業員への説明まで、一連の流れの中でサポートすることによって、社員のモチベーションは高まることが期待できます。

退職金の積立方法の不安をなくすことができる

 退職金制度については制度構築を検討するのみではなく、退職資金の積立方法についても、あわせて検討する必要があります。それは、制度内容がいくら適正なものであっても、退職金に積立不足が生じて、従業員への退職金を保証できないとの状況となれば、退職金制度としての機能を果たせないことになります。
 そこで、弊社が現制度の積立方法及び積立状況を分析の上、より適正な積立方法へ移行できるようサポートいたします。なお、場合によっては、必要に応じて、退職金規程の改訂及び退職金の制度構築自体の見直しについても、サポートいたします。

対象企業
  • 将来の退職金額の高騰が想定される企業様
  • 貢献度に応じた退職金制度への改定をご検討中の企業様
  • 何となく、社内に閉塞感が漂っている企業様
  • 身近に、退職金制度見直しの相談相手がいない企業様
  • ポイント制の設計・運用
  • 前払退職金制度の設計・運用
  • 金融機関との調整
  • 退職金規程の改訂
  • 社員への説明
導入事例
導入事例 1
企業概要 業種:化粧品の製造・販売
従業員数:100名
導入前の課題
  • 貢献度の高い社員に対して退職金を多く支給したい
  • 適格退職年金の移行先を確定し、法定期限内に移行させたい
導入サービス

< ポイント制の設計 >

  • 世間環境を踏まえたモデル退職金額を設定し、新卒定年退職者に対しては、モデル退職金が受給できるようなポイント制を設計し、新たな退職金制度として導入
  • 既存社員に対しては、今までの退職金制度における既得権部分が保証できる制度に設計

< 適格退職年金の移行 >

  • 適格退職年金の移行先として、いくつかの制度を検討した上で、確定拠出年金制度への移行を選択
  • 金融機関と連携しながら、退職金規程の見直しから社員説明会の実施など、一連の運用面までサポート
関連サービス
ページの先頭へ